フライビシットは妊娠中にも履くべき?

妊娠中は骨盤が緩むため腰痛になりやすく、サポーターなどを付けている方もいらっしゃいますよね。

それなら骨盤矯正もできるフライビシットでもいいのでは?」と思いませんか。

そこでここでは、フライビシットを妊娠中に着用することについてまとめてみました。

 

 

フライビシットは妊娠中には履かないほうが良い?

妊娠中は、出産に備えて骨盤が少しずつ開いていきます。

これは人間の生理的な動きになるので、できれば邪魔をしたくありません

しかし放っておくと腰痛などに発展してしまうので、締めすぎず緩めすぎずの丁度いいケアがポイントになるということです。

 

それを思うと、フライビシットの締め付けは少し強すぎます。

骨盤が緩みたがっているのを止めてしまうので、サポートという意味とは少し違ってきてしまいますよね。

 

産後も骨盤が緩い状態は続くので、その間に矯正のチャンスはまだまだあります。

妊娠中は、最低限骨盤を支える程度にとどめておくのが良いでしょう。

 

※腹帯や緩めのサポーターなどで、優しく包むようなイメージが良いですね。

 

 

 

骨盤矯正は産後がメイン

出産を終え、産後6ヶ月までの間が矯正のチャンスの時期です。

といっても出産してすぐはママの体調面もあるので、先生の許可を得てから開始することになります。

※一般的には、1ヶ月検診後からや産後6週目あたりからの骨盤ケアが推奨されている。

 

この時期は骨盤の緩さがまだ残っているので、生活習慣の中でいかようにも歪んでしまいます。

しかし緩いということは戻りやすいということでもあるので、フライビシットを履くことで修正することも十分期待できます。

 

  • 足を組む
  • 片方の手ばかりで抱っこする
  • 授乳姿勢が偏っている

このような体をゆがませてしまう習慣に注意しながら、フライビシットでの骨盤ケアをしてくのが良いでしょう。


骨盤の関節は、運動することでわずかに動きます。
この間に少しずつ矯正されていくので、余裕があればお散歩などに出かけるのもオススメですよ 😉 


 

 

フライビシットの口コミやその他の情報が知りたい方は、こちらを参考にしてください。

フライビシットの口コミをチェック:ダイエットカフェの厳しい声

フライビシット洗濯方法について